本文へ移動

スタッフインタビュー

介護の現場は、ケアマネージャー、看護師、ホームヘルパー、生活相談員、介護事務など、多彩なスタッフの連携で成り立っています。当施設のスタッフにそれぞれの業務内容やこの職種を選んだ経緯など、直接インタビューしてみました!
ホームページを見て応募しました。
ご利用者の方々の笑顔と、スタッフの皆さんの生き生きした姿を見て、ここで働きたい!と強く感じたのを覚えています。
 
2010年入社 勤続8年 トータスフォレスト管理者 田上 森
 
入社:2010年2月/出身:栃木県 栃木市
 
子どもの頃から人と関わることが好きな私は、みんなで協力し、人を支えることに魅力を感じていました。将来、社会に出ても人との関わりが好きな自分を活かしたいと強く思い、介護職の道を志しました。
色々と介護施設を探しましたが、これといって魅力を感じる施設も無く、パソコンを検索していると偶然見つけたのがトータスホームのホームページでした。直接、足を運ばなくても、画面から流れる会社の目指す方向性、施設での日々の行事や日常生活など、見ていて温かい雰囲気を強烈に感じました。スタッフの皆さんの楽しく生き生きしている姿や、ご利用者の方々の素敵な笑顔を見て、「一緒に働きたい!」と強く思い、応募しました。
ここは意欲を持って学ぶ姿勢があれば、資格は問わず、認めてもらえる職場です。ぜひ一緒に頑張りませんか!?

トータスフォレスト 田上 森さんに聞いてみました!

仕事内容について教えてください。
社会福祉法人 幸知会 はどんな職場ですか。
どんな時に喜びを感じますか。

スタッフの声 リライフトータス 係長 亀田 渓太

一度挫折して辞めてしまった介護職。トータスに拾ってもらい、良き先輩スタッフ、そしてフィロソフィに出会えたことが、ここでの一番の財産です。日々、学ぶことが多く本当に入社して良かったと思います。
 
 
2009年入社 勤続9年 リライフトータス 係長 亀田 渓太 
 
入社:2009年6月/出身:栃木県宇都宮市/前職:某薬局
 
私は将来に対してこれといった夢も無く、とりあえず地元の工業高校に進みました。
 
3年になった時、周りの友達が就職や専門学校など進路を決める中、何も決まっていない不安があり、悩んでいたちょうどその頃。祖父が体調を崩し、要介護状態になり、入院。幼い頃、面倒を見てもらったのに、何もしてあげられない自分自身に情けなさを感じたと同時に自然と介護に対する興味が湧き、専門学校に進む事に決めました。専門学校では遊びに夢中で卒業もギリギリ。地元の老健に就職しましたが、学校で学んだ事と職場での現実にギャップを感じてしまい、挫折。しばらくは趣味のバンドに明け暮れたり、アルバイトを転々とする日々。『バンドで食っていこう』と思いながらも、『このままで良いのか』と悩んでいた矢先、バンドのメンバーが将来を考えるようになり、次々と就職。自分も『このままではダメだ』と再度、必死に就職活動をしました。そんな時、拾ってくれたのがトータスホーム。今となっては今まで1番続いている職場。
 
仕事では上司や先輩方の指導も時には厳しく時には優しく、そして的確なアドバイスを頂けます。トータスホームという職員一人ひとりを大切にして下さる会社、そして共に働く良き先輩方に出会えたことは私にとって1番の財産です。
少しでも会社のため、そしてお客様のために精一杯の気持ちでサービスに努めていきたいと思います。
 
 

スタッフの声 リライフトータス 入江 眞央

リライフトータスに入社し
 
 
2017年入社 勤続1年 リライフトータス 入江 眞央
 
入社:2017年4月/出身:栃木県鹿沼市/前職:アパレル関係
 
転職前に働いていたのは、いくつものブランドをもっているアパレル会社。スタッフは女性ばかりの、にぎやかな職場で、なんとなく仕事を続けてはいましたが、実をいうと、アパレル業界は自分の成長のために選んだ業界で、絶対にしたいと思って決めた仕事ではありませんでした。なぜそこを職場に選んだかというと、「自分を変えたい」という思いから。子どもの頃から「なにかと考えこみすぎる性格」だと自覚していて、しっかり考えてやり切るという長所と、自分が納得できないことに関して柔軟に動けないという短所、両面があることを色々な場面で実感してきました。
 
そこで、あえて自分では違うかもしれないと思う業界にチャレンジしてみたいという転職をしようと考えていました。転職に向けての区切りになったのはトータスホームの求人ページやブログでした。TVで放映されたことや、トータスでの活動内容や職員旅行の楽しそうな雰囲気を感じることが出来たことが決め手です。アパレル業界での売れ行き分析の仕事も面白かったので、それに近いマーケティングなどが出来る経営方法にも興味を惹かれ「今までとはまったく違う分野に進んでみよう」と、転職を決めました。
 
全然違う業界への転職ではありましたが、優しい先輩や頼りになるマニュアルなどがありますので、今後も安心して仕事が出来ると思います。
 
 

スタッフの声 幸知会 柔道整復師 瀬川陽輔

私の前職は柔道整復師。
 
 
2017年入社 勤続1年 幸知会 機能訓練指導員 瀬川 陽輔 
 
入社:2017年/出身:岩手県/前職:柔道整復師
 
私の前職は柔道整復師です。県内の某整骨院に勤務しておりました。そちらの整骨院にはデイサービスが併設されており、午前はデイサービスで機能訓練指導員として、午後は整骨院の先生として働いていました。
 
以前より福祉関係の仕事に興味があった私は、デイサービスで働いているうちに介護の仕事にとても心を惹かれていきました。そんなある日、大学の先輩でもあり、リライフの機能訓練指導員でもある方からお誘いを頂き、デイサービスの機能訓練指導員として働く事を真剣に考え始めました。
 
応募するに当たり、リライフのホームページやブログを拝見させていただきました。リアルタイムでの利用者様皆様の楽しそうな笑顔や幸せそうな雰囲気などが、写真からたくさん伝わってきて、ここで働きたいと強く感じた事を今でも覚えています。
 
いざ働き始めてみると覚えることがたくさんあり、とても大変ですがお客様の感謝の言葉を頂く事で日々頑張ることが出来ています。たくさんいる利用者様全員の名前や顔など覚えるのは大変ですが、それも機能訓練指導員の良さの1つであると思います。十人いれば十人悩みも違いますし、それぞれ希望する事も違います。そんな中、みなさんにそれぞれ違う目標を持っていただき支援していく事はとてもやりがいを感じます。目標を達成し、次の目標を嬉しそうに話す利用者様を見ていると、こちらもとても幸せな気持ちになります。これからもお客様第一主義を貫き寄り添っていけたらと思います。
 
 
社会福祉法人 幸知会
特別養護老人ホーム トータスホーム
〒329-0529
栃木県河内郡上三川町下神主229-6
TEL:0285-52-1000
FAX:0285-52-1022

上三川町
●介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム トータスホーム)
●短期入居生活介護
(トータスホーム ショートステイ事業)
●通所介護
(トータスホーム デイサービスセンター)
●通所介護
(ゆうゆうトータス デイサービス)
●通所介護
(リライフトータス)
●訪問介護
(ホームヘルプサービス事業)
●在宅介護支援センター
(居宅介護支援事業)
●認知症対応型共同生活介護
(ヘブンリートータス)
●事業所内保育事業
(トータスキッズ)
宇都宮市
●放課後等デイサービス
(トータスジュニア)
●就労準備型放課後等デイサービス
(トータスミドル)
下野市
●通所介護
(リハビリセンター アルクルトータス)
●放課後等デイサービス
(トータスジュニア下野)
●企業主導型保育事業
(トータスキッズ下野)

トータスホームは、周囲に千瓢の花が咲き、緑の木々が立つ自然豊かな環境にあり、穏やかで落ち着いた時間を過ごすことができるところです。ホームへは隣接する市街地と国道・県道に通じ、交通上も便利なところです。
TOPへ戻る