栃木県|社会福祉法人幸知会 特別養護老人ホームトータスホーム|ショートステイ|デイサービス|在宅介護支援|ホームヘルプ|居宅介護|グループホーム

 

スタッフインタビュー

   
介護の現場は、ケアマネージャー、看護師、ホームヘルパー、生活相談員、介護事務など、多彩なスタッフの連携で成り立っています。当施設のスタッフにそれぞれの業務内容やこの職種を選んだ経緯など、直接インタビューしてみました!
 
 
   
ホームページを見て応募しました。
ご利用者の方々の笑顔と、スタッフの皆さんの生き生きした姿を見て、ここで働きたい!と強く感じたのを覚えています。
 
2010年入社 勤続7年 デイサービス係長 田上 森
 
入社:2010年2月/出身:栃木県 栃木市
 
子どもの頃から人と関わることが好きな私は、みんなで協力し、人を支えることに魅力を感じていました。将来、社会に出ても人との関わりが好きな自分を活かしたいと強く思い、介護職の道を志しました。
色々と介護施設を探しましたが、これといって魅力を感じる施設も無く、パソコンを検索していると偶然見つけたのがトータスホームのホームページでした。直接、足を運ばなくても、画面から流れる会社の目指す方向性、施設での日々の行事や日常生活など、見ていて温かい雰囲気を強烈に感じました。スタッフの皆さんの楽しく生き生きしている姿や、ご利用者の方々の素敵な笑顔を見て、「一緒に働きたい!」と強く思い、応募しました。
ここは意欲を持って学ぶ姿勢があれば、資格は問わず、認めてもらえる職場です。ぜひ一緒に頑張りませんか。
 

スタッフの声 リライフトータス 係長 亀田 渓太

スタッフの声 リライフトータス 係長 亀田 渓太
 
一度挫折して辞めてしまった介護職。トータスに拾ってもらい、良き先輩スタッフ、そしてフィロソフィに出会えたことが、ここでの一番の財産です。日々、学ぶことが多く本当に入社して良かったと思います。
 
 
2009年入社 勤続8年 リライフトータス 係長 亀田 渓太 
 
入社:2009年6月/出身:栃木県宇都宮市/前職:某薬局
 
私は将来に対してこれといった夢も無く、とりあえず地元の工業高校に進みました。
3年になった時、周りの友達が就職や専門学校など進路を決める中、何も決まっていない不安があり、悩んでいたちょうどその頃。祖父が体調を崩し、要介護状態になり、入院。幼い頃、面倒を見てもらったのに、何もしてあげられない自分自身に情けなさを感じたと同時に自然と介護に対する興味が湧き、専門学校に進む事に決めました。専門学校では遊びに夢中で卒業もギリギリ。地元の老健に就職しましたが、学校で学んだ事と職場での現実にギャップを感じてしまい、挫折。しばらくは趣味のバンドに明け暮れたり、アルバイトを転々とする日々。『バンドで食っていこう』と思いながらも、『このままで良いのか』と悩んでいた矢先、バンドのメンバーが将来を考えるようになり、次々と就職。自分も『このままではダメだ』と再度、必死に就職活動をしました。そんな時、拾ってくれたのがトータスホーム。今となっては今まで1番続いている職場。
仕事では上司や先輩方の指導も時には厳しく時には優しく、そして的確なアドバイスを頂けます。トータスホームという職員一人ひとりを大切にして下さる会社、そして共に働く良き先輩方に出会えたことは私にとって1番の財産です。
少しでも会社のため、そしてお客様のために精一杯の気持ちでサービスに努めていきたいと思います。
 
 
 

グループホームの一日

グループホームの一日
 
8:30 出勤前15分清掃
基本姿勢にもある『掃除の徹底』。出勤前の15分間は全従業員共通。環境も心もきれいにしています。
 
 
 
8:45 記録・情報収集
業務に入る前に、18名の入居者の記録から情報を収集し、その他連絡事項等の申し送りを受けます。
 
 
10:00 ケース①くもん支援
くもんの担当にあたった場合は、午前中に2件支援を行います。
1対1、1対2と入居者のレベルに合わせて行います。
くもんは(読み書き・計算・数字盤)の3つを行いますが、1番大切なのは支援後のコミュニケーション。普段、話せるようでゆっくり話せないことが多く、この時間は今でもお互いにとって良い時間となっています。
 
 
 
10:00 ケース②昼食作り
昼食作りにあたった場合は入居者と一緒にメニューを考え、調理を行います。
4~5品、そして22名分もあるため、毎回出来上がるのもギリギリです。
男性とあってか、女性の入居者の方が心配そうに見ては手伝って下さるので本当にありがたいです。
 
 
 
10:00 ケース③レクリェーション
レクリェーション担当にあたった場合は、1ヶ月ごとにレクの予定が組まれているため、体操・ゲーム・歌など決まったものを行います。
 
 
 
13:00 ショートミーティング
両ユニットの職員が集まり、午前中にあった事・午後の流れを申し送りし、その他に発見報告書や気になる入居者の対応方法など話し合います。
ミーティング後は全員でホールやトイレ等の掃除を行います。
 
 
 
14:00 入浴介助
基本、入浴は1日おき。入浴対応になった場合はまずは入浴予定の方を把握し、順番の決定や衣類等の準備をします。
 
 
 
15:00 ホール対応
ホール対応者は洗濯物を畳んだり、個別レクを行ったり、明日の薬の配薬など業務は様々。広い視野でホール全体を観察しながら、事故や急変時に対応できるようにしています。
社会福祉法人 幸知会
特別養護老人ホーム トータスホーム
〒329-0529
栃木県河内郡上三川町下神主229-6
TEL:0285-52-1000
FAX:0285-52-1022
----------------------------------------
●介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
●短期入居生活介護
(ショートステイ事業)
●通所介護
(デイサービスセンター)
●通所介護
(ゆうゆうデイサービス)
●通所介護
(リライフトータス)
●訪問介護
(ホームヘルプサービス事業)
●在宅介護支援センター
(居宅介護支援事業)
●認知症対応型共同生活介護
(ヘブンリートータス)
●事業所内保育事業
(トータスキッズ)
 ●運動学習指導教室
(トータスジュニア)
----------------------------------------
トータスホームは、周囲に千瓢の花が咲き、緑の木々が立つ自然豊かな環境にあり、穏やかで落ち着いた時間を過ごすことができるところです。ホームへは隣接する市街地と国道・県道に通じ、交通上も便利なところです。
 
759250
<<社会福祉法人 幸知会 特別養護老人ホーム トータスホーム>> 〒329-0529 栃木県河内郡上三川町下神主229-6 TEL:0285-52-1000 FAX:0285-52-1022